カラスについて

今日は、近々に起こったカラスについて書いてみようと思う。

カラスの夫婦は、一度パートナーを見つけてつがいになると、基本的にはずっと夫婦でいるらしい。
他の鳥たちと違って繁殖期だけ一緒にいたり、ヒナを生んで育てるのは雌だけという鳥とは違って、夫婦仲がいい鳥だということも聞いたことがある。

≪カラスの話 その1≫

ほぼ毎朝、
いつもカァカァ鳴いているカラスの夫婦(と、思う)は、いつも一緒に電柱に止まってイチャイチャしながら行動していた。
凄く仲が良いので、深い絆だわ・・・と感心して、いつもベランダから眺めていた。

ある日の早朝も相変わらずカァカァと鳴いていましたが、その日は嵐のような強風でした。
そんな中、私はいつものように朝ランニングに出かけたのですが、そのランニングの帰りに悲惨な光景を目にしてしまったんです。
ツガイのカラスの一羽が、電柱の下に落ちてしまって動かなくなっていました。よそのお家の門のすぐ内側で、敷地内でしたのであまりジロジロ見れなかったのですが、嵐のような強風で電柱から投げ出されてしまったのか!?

とにかく、もう一羽のカラスが電柱の上で大きな鳴き声でカァーーーカァーーーーって・・・・
私、なんだか・・胸が痛くなりました。
そして、その日一日、カラスの事が頭から離れませんでした。

次の日の朝も、その次の朝も、片割れのカラスが一匹で鳴いてるんですよ。いつもの電柱に止まってね。
その鳴き声が悲しみにあふれた泣き声に聞こえてね~
私も毎朝、悲しかった。切なかった。あのカラス、これからどうするんだろう・・・
あのカラスも悲しくて後を追っちゃうかもしれない・・・

2週間くらいかな~

私はまいったね。

早朝、2羽のカラスが、いつもの電柱で羽をパタパタしながら、カァカァ鳴いているじゃありませんか!
もう、新しいツレ?!どこで見つけてきた!!
彼か彼女か分からないけど、あっさりと新しいパートナー?と一緒に仲良くパタパタじゃれ合っていました。

えーーー!としか言葉がでませんでした。
ちょっと、早すぎない?立ち直りが!!

自然の法則で生きている彼らに一つヤラレタ~~って感じで、この話はおしまいです。
今朝も2羽でカァカァやってました。


≪カラスの話 その2≫

Google AI先生でしらべたのですが、
カラスのフンが頭に当たる確率は423万分の1程度で、1日あたり日本の人口のうち約29人が頭にフンを落とされているんだって!
知ってました?そんな数値的な分析・・・私、知らなかった。

でもって、更に→カラスのフンには菌やウイルスが含まれている可能性があるので乾燥したふんが空気中に浮遊し、それを吸い込むことで感染症を引き起こす可能性があるらしい。だから、路上にある野鳥のふんにはなるべく近づかないようし、触れないように注意すること。だって!!

鳥のフンが頭に落ちた場合は、ウエットティッシュなどでフンを取り除き、その後手を石鹸できれいに洗ってからシャンプーをして乾かしましょう。慌ててゴシゴシと拭き取ると汚れを広げてしまうので、気持ちを落ち着けて対処しましょう。

ああ、氣を付けようって改めて思いましたよ。

なぜってね、
これを調べる前、数日前の話なんですが、
会員さんと「カラスは頭が良い」って言う話になったね。その方がおっしゃるには、カラスは人が歩いて来るのを狙ってフンを落とすから、氣を付けたほうが良いって言ってたんですよ。

昨日の朝ランのとき、10mくらい先の電線にカラスがひっそりと待っているのが分かったんです。こればっかりは、虫の知らせというか、直感で「あのカラス、危ないかも・・」って思ったのね。その瞬間ですよ。
走ってる目の前1m前にボタッ!と大きな白っぽいフンを落とされたの!

あーー、危なかった!423分の1に入ってしまうところでした。
直感に感謝!

そのカラスを背にして走りながら、ちょっとカラスに勝ったような感じで嬉しかったのは、正直なところです。
「やーい、カラス」と言わんばかりに走り去ってやりました。

というカラスその2の話は以上です。


でもさ・・・この頃、うちの界隈でもカラスが多くなって、ゴミ置き場なんかの被害が結構あります。カラスもどんどん学んで、黄色や緑の網くらいじゃカラス避けにならなくなってきたのかもしれない・・・これって何らかの対策を地域で考えていかないとダメかもね・・。


では、またね。

雨の匂いがする、日曜の午後13:00分。
そろそろ、降り始めるかな。
さっき、芝桜、植えたんだ。
砂利の上に土まいたんだけど育つといいな・・・
PXL_20240421_042401914~2.jpg

この記事へのコメント