ヨガに出会えて感謝してる

前回の続き
このブログでは、私のヨガへの感謝と愛を述べさせていただきます。

私にとってヨガは,躰と心の調和、内面の平静、そして精神的な成長につながりました。

ヨガは,シンプルにまとめると基本的に以下の要素を含んでいます。

①アーサナ(ポーズ): ヨガのポーズは身体をストレッチし、筋力を強化し、柔軟性を高めることを目的としています。さまざまなポーズは身体の異なる部位をターゲットにし、バランスや姿勢を改善するのに役立ちます。これは,心のバランスにもつながっていきます。

②プラーナーヤーマ(呼吸法): ヨガでは、呼吸法が重要な役割を果たします。深く意識的な呼吸を通じて、ストレスを軽減し、リラックス状態に入ることができます。

③ダーラナ(集中)とディヤーナ(瞑想): ヨガの実践において、心を集中させ、静かな状態に入ることが重要です。瞑想は内面の平静や氣づきを促し、心の安定と精神的な成長をもたらします。

④ヨガ哲学: ヨガは単に身体のエクササイズだけでなく、哲学的な側面も含みます。ヨガ哲学は、生き方や価値観、人間の本質などに関する深い理解を提供し精神的な成長に繫がります。

私にとって最も影響を与えてくれたのがこの4つだと思います。
この4つは全てが連動しあって,どれが欠けても成り立たない。
どれも大切な要素。

ヨガは健康や幸福を追求するだけでなく、自分自身の心の成長や内面の探求にも役立っています。
そして今私はヨガと共に生きているという,それだけで自分に自信を持てるようになっています。
「私は,大丈夫,だってヨガと共に生きているのだから」という強い信念があると自信をもって言えるようになりました。

イライラしてるとき,不安な時,辛いとき,寂しいとき,そんな心が痛んでいるときのヨガは胸を開くアーサナ(ポーズ)を基本的に取り入れて①~③を行うことで心の波を鎮めてくれる。

失敗した時,あーなんでこうなっちゃうんだろうって自己嫌悪に陥った時,そんな時こそ①②③。嬉しいとき,ワクワクしているとき,そんな心が弾んでいるときのヨガは,すごくアクティブなアーサナにチャレンジしたくなる。

夜の就寝前は④。数分でも本を読むことが日課になっています。

もし,今,心がザワザワ状態の方がこのブログを読んでくださっていたなら,ヨガを一度やってみることをお薦めします。
もちろん,人それぞれ,合う合わないがあると思います。

でもね,ヨガってアーサナをやったり,瞑想したりするというイメージが強いかもしれませんが,ヨガって生きること全てにおいての基本になる哲学だと思います。
これについては,また機会があったら書きますね。
今日はこの辺で。


運動療育センターは,ゴールデンウィーク中は大規模工事で休館です。
会員さんに会えないのってすごく寂しいな~。4月30日(火)朝7時。
誰もいない事務所でひっそり仕事してます。
PXL_20240429_221039174~2.jpg

8:00頃からは、工事の爆音でPC作業はできないかも・・・・

では,またね。

この記事へのコメント