急にラベンダーが恋しく思えたのはなぜだろう

5月に入ったころかなぁ。

お休みの日,朝起きたら時,ふとラベンダーのイメージが浮かんできて

とってもパープルカラーのラベンダーの花を見たくなったんですね。

ラベンダーは,アロマオイルでたまに使ったりもしますが,そこまで氣になるハーブでもなく
まあ,万能なハーブでイイよね,くらいの存在でした。

なんで?急にラベンダーが氣になったのかしら?と思いながらも,その日はお休みだったので,いつものスーパーに食品の買い出しに行ったんです。

そしたら,店頭にラベンダーの鉢植えが売っているではありませんか。

へー,これこそシンクロニシティーだね。と,もちろん購入。

それが始まりでした。

今や我が家の玄関前は,ラベンダーの鉢植えが3つ。
その他,砂利を除いてラベンダースペースを作って直接植えました。
ラベンダーってこんなに素敵なお花だったんだな・・と改めて感激。

日々,玄関周りを見るのが楽しみで,とても癒されております。
ラベンダーの香りが,辺りにフワッと優しく広がります。
PXL_20240606_214034891~2.jpg
我が家の前を通る方々も,この香りに癒されているといいなぁ。

でも急に,なんでラベンダーだったんだろう。
何か,理由があるのかもしれない。
きっと潜在意識の中の私が,表層の私に何かのメッセージを送ってくれたのかも・・・

興味が出てきたので,まずはラベンダーの花言葉とか,効果とかを調べたら,
かなり,スピリチュアル的なハーブだったのだということがわかりました。

まず,花言葉。Google先生からの引用↓
「あなたを待っています」「沈黙」「幸せが来る」「期待」「疑惑」「優美」。

その他,もろもろ↓
「ハーブの女王」とも称されるラベンダーは、とても人気のある香りです。
ラベンダーの香りには、「沈黙」の花言葉の由来にもなるほどのリラックス効果や痛みを和らげる鎮痛作用、さらに抗菌・殺菌効果や防虫効果など、たくさんの効能があると言われています。
また、ラベンダーの香りは交感神経と副交感神経の活動のバランスを整え、質の良い睡眠に効果があるともされています。

とのこと。
うんうん,リラックス効果があることは有名ですが,花言葉にはグッときましたね~

そうそう,こんなことも書いてございましたよ。
「あなたを待っています」との花言葉は,ヨーロッパのある逸話に由来していて「ラベンダー」という名前の少女が、ある青年に恋をしたのですが,なかなか想いを告げられずに待ち続けた結果、1輪の花になってしまいました・・・というお話。

なんか,悲しいな・・・

この花言葉に関連して、「私に答えてください」や「期待」という意味合いもあるそうですので,異性からラベンダーをもらっちゃったときなんか結構,重いよね・・・。これは,一方的すぎるので私の中では,不採用。

あと,こんなのもあった。↓
ラベンダーの香りが負のエネルギーを取り除くのに役立つと考えられていて,落ち込んだときや悪いことが続くときにはラベンダー色を取り入れることで、悪い流れを断ち切ってくれます。

ですって。

まあ,常に負のエネルギーってのは,ない方が良いですから,ラベンダー色を生活に取り入れるっていうのは心がけてみようかな?
そういえば,先日ラベンダーという色のタンクトップを購入したばかりだった!
早速着まわしてみようと思います。

という感じで,今日はこれにて失礼いたします。

では,またね。



この記事へのコメント